2012.9.27「中里丈人の宇宙/あるルードボーイの生涯」DOMMUNEにいただいたコメントです
COMMENT1 COMMENT2 top
ORIGINAL RUDE BOY!!!! ORIGINAL 不良の音楽!!!!
我々、PPPのROOTS & DNAは完全にSONIC PLATEで出来てるのは、
間違い無い事実なのです。
丈さんは今もカマしてる。
脳(PAN PACIFIC PLAYA)
タケさんと言えば、どこのライブハウスだったか
口から鼻からスピーカーから吐き出す煙で真っ白の中
機材を操る姿がオープンリールを口から吐き出すマッドプロフェッサーの
裏ジャケと並ぶビジュアル(サウンド)ショック。
そう、オレもカマされたのでした。
空手サイコ/Latin Quarter(PAN PACIFIC PLAYA)
僕もカマすって言葉は中里丈人さんから学びました。
今の時代? には珍しく音楽以外の世話も大好きなカッコ良過ぎる先輩です。
そのイズムは16連打、PPPへと自然と受け継いでいるつもりですし、
これからもカマします。
よろしく。
Kes(PAN PACIFIC PLAYA)
こんな特集を宇川さんが放送してくれて、しかも大好きな岸野さんとか皆が語ってるなんて…
タケちゃん、死んでる場合じゃないよね。ホント。
私がタケちゃんと最後に会ったのは高円寺駅前、朝の桃太郎寿司。
ギラギラナイトというタケちゃんが大好きなパーティ帰りで
「宇川くんとまた一緒になんかやりたいんだ!!三重に帰るからみんな遊びに来てよ!」って
タケちゃん鼻息荒くしてた。んで、店でた後も興奮してて自転車でくるくるくるくる回ってた。
ルードボーイの印象…
ねーなー(笑)
98年頃ひょんなことからグラフィティを描きはじめてた私にタケちゃんからソニックプレート
というレーベルをはじめるからロゴをかいてくれと言われました。
その当時PCを持っておらず、たまたま帰省していた私は、
実家のFAXで家族に不審がられながらもやりとりして描きました。
ギャラはお金とかコロッケだった。
ジャケットのグラフィティ描いた時はそれ以外にモスバーガーとDEVOの7インチ3枚くれた。
嬉しいけどDEVO??なんでだろと思ってた。
思い返せばソニックプレート立ち上げよりもっと前、
タケちゃんが働いていたUPLINKという場所(岸野さんやANANYAさんも働いていた) でDJしたのが
私の初DJなんですが、その時かけた一曲目はDEVOだった!
それか!??
私もこれを書くまで忘れてたし、彼がそのコトを覚えてたとはとても思えないけど、タケちゃん、
そういう不思議で粋なとこあるし、そう思うことにしました。
グラフィティ以外にタケちゃんのレーベルと関わったのは
F.E.S.Sって実験サイドのレーベルコンピにBUKATSUで参加したことと、
タケちゃんちと私のバイト先が近所だったので帰りに立ち寄って
CDの袋詰めを手伝ってたりしたこと位かな(笑)
だから、タケちゃんの死後、まさか自分がレーベルはじめるなんて思いもよらなかった。
そもそもはじめるきっかけもソニックプレートで最高のCDを作ったKUKNACKEの新譜を
どこもずっと出さないからってことが大きかった訳で…
タケちゃんが今もレーベル続けてたとしたら何をリリースしてたかな?
案外、魚だったりしてね。長い魚の音マジ太いとか(笑)
魚コンピつくるから釣り人ディグッて囲い込んだりして、
俺の海以外で無断でリリースするべからず!とか契約書書かせたりしちゃってね(笑)
このまま書くとドンドン脱線しちゃいそうだし
彼の音楽活動の凄さとか色んな伝説みたいなのは他の方が語ってることかと思いますので
未発表音源のリリースを楽しみにしながら私は、
ボングの水でもすすっときます。
37A(PANTY)